レトロゲームでピッコピコ

アクセスカウンタ

zoom RSS キョーレツだったタイトル

<<   作成日時 : 2011/04/01 11:36   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今回は個人的に強烈な印象を
受けたタイトル
を集めてみました。

あくまでもゲーム内容ではなく
タイトルのネーミング
という観点からです。






画像

まずはコレ、
「ボコスカウォーズ」
1985年に発売されたファミコンソフトです。

この子供が付けたようなネーミングは
印象的ですね。


このゲームでは、「進め〜進め〜者ど〜も、
ジャマな〜敵を〜蹴散ら〜せ・・・」
の歌も印象的でした。

当時友人から聞いた歌のうろ覚えなので、
歌詞が間違っていたらゴメンなさいデス・・・・。
(説明書にこの歌詞が書かれているらしい)


画像

同じく85年のファミコンソフト、
「けっきょく南極大冒険」

ペンギンが主人公のアクション・・というか、
レースゲーム。

タイトルは語呂が良過ぎるうえ、コミカルなゲーム内容と
良くマッチしていると思います。

このネーミングした人は本当に
センス抜群ですよね。



画像

「迷宮寺院ダババ」
87年のファミコンディスクシステム用の
アクションゲーム。

画像


画像

本作は自分未プレイですが、
タイトルだけは当時から強く印象的でした。

どんな寺院やねん、みたいな・・・。

なんか、僧侶(妙に男前)が
カメハメ波撃ってるし・・・。



画像

「ぶたさん」
1987年のアーケードゲーム。
これも未プレイながらタイトルのインパクトで
記憶に残る作品。




画像

熱戦の火ブタがきられた・・・・。
面白いですね。

ゲーム内容は面クリア型のアクションゲーム


画像

ブタ繋がりでは
「プーヤン」も個人的には印象的。

自分はこのタイトルを聞くとどうしても
頬の筋肉が緩むというか腰が砕けるというか・・・。

自分の中では脱力系タイトルの代名詞的作品です。


気の抜けたタイトルに反して
ゲーム内容は凄くハードなんですが・・・。







更にブタコンボを繋げると、こんな作品も・・・
画像

     『ぶた丸パンツ』

ネット情報によると83年にHAL研究所から発売された
固定画面アクションゲーム。

MSXのゲームらしいです。



画像

ユーチューブでプレイ動画視てると、なかなか
面白そうなゲームでした。

いいなぁ、MSX・・・・。





画像

「1942」
1984にアーケードで出たシューティングゲーム。

数字のみで構成されたタイトルというのは
インパクトがありましたね。


当時自分はこれを“千九百四十二”と読んでいて、

友人から
「“イチキューヨンニー”と読むんだよ。」と言われ、


「へぇ〜そうなんだ〜・・」と、・・・。









・・・・・・まぁ、それだけの話なんですケドね。











他にも数字のみのタイトルと言えば
コチラも印象的。
画像

          「19」


“19”と書いてジュウキュウ・・・ではなく、
イチキューと読みます。














・・・というのは冗談で、“ヌイーゼン”と
読みます・・・・。


・・・・何語か知りませんが・・・。


画像

「19」は1988年に発売されたファミコン
ディスクシステム用ソフト。

ジャンルはウォーシミュレーションゲームらしいです。

シュミレーションは守備範囲外なので完全に
未プレイですが、やはりタイトルだけは
当時から深く記憶に残っております。




コチラも「19」と同じく、シミュレーションゲーム・・・・なのか?
画像

「帰ってきた!軍人将棋なんやそれ!?」
89年のファミコンソフト。

なんや、このタイトルは・・・

画像

“なんやそれ!?”と言われても
「知らんがな!」としか返しようが・・・・。



画像

「エグゼドエグゼス」
85年のファミコン シューティング。

これはアーケード版からプレイして、
ファミコン版も持ってました。

でも、タイトルの意味は未だに解かりません。
エグゼドエグゼスっ・・・・て、何???



画像

「バンゲリングベイ」
85年のファミコンソフト。

意外と奥の深いこのゲーム。
2コンのマイクで「ハドソン!」を連呼
するのが有名ですよね・・・?


このタイトルでインパクトのある
“バンゲリング”というのは
ドウも敵軍の名らしいですな・・。

アーケード版ロードランナーでも
“バンゲリング帝国の逆襲”と
サブタイトルが付いていましたが、
何か関係があるのだろうか・・?
(ドチラもオリジナルはアメリカの
ブローダーバンド社)




画像

        「いっき」


タイトルのみならず内容も強烈なインパクトを
放つ本作。

百姓一揆を題材にしたプロレタリアゲームの
金字塔的作品
・・・・なのか??


ドウでもいい事ですが、ウチのブログで
最もアクセス数が多いのはこの「いっき」の
広告を紹介したページなのです・・・。

一体何ゆえ??

管理人すら理解出来ない謎の一つです。
イヤだ、何だか気味が悪いわ・・・・。



画像

     「沙羅曼蛇」
86年のアーケード作品(写真はPCエンジン版)


漢字のみのタイトルも当時結構ありましたね。
「魂斗羅」やら「怒号層圏」やら「怒首領蜂」や
「怒」、「火激」、「鮫!鮫!鮫!」・・・
こうして列挙すると何か暴走族の
刺繍チックな・・・。




画像

     「バイオミラクルぼくってウパ」
赤ちゃんが主人公のアクションゲーム。

88年ファミコンディスクシステム用ソフトです。


画像

アクションゲーム好きな自分は当時このゲームが
欲しかったものの、タイトルを口に出すのが
恥ずかしくて買えませんでした。



チ☆毛の生えたツッパリ盛りの中学生が
「ぼくってウパ下さい!!」
とは言えんでしょう・・・。



画像

     「ずんずん教の野望」
1994年のアーケード版シューティングゲーム。



未プレイなので詳細不明ですが、例によって
タイトルのインパクトから記憶に残っていました。


画像

画面から妙なカルト臭が漂っていますね。

オ☆ム事件の前年発売というのも
皮肉というべきか・・・?

もう少し遅い発売ならモット話題になっていたかも?(コラ!)


ともかくデコとセガはコノ手のゲームを作るのに
長けていると思うのは自分だけだろうか・・・?


画像

     「超絶倫人ベラボーマン」
88年アーケード。(画面はPCエンジン版)


コレはタイトル同様中身も大変インパクトが
ありました。

首を伸ばして攻撃する主人公なんて
斬新すぎますよね!!

因みに製作はデコでもセガでもなく、
ナムコです
。(御乱心か??)



画像

     「へべれけ」
1991年発売のファミコンソフト。

様々なハードで様々なジャンルの作品が
発売されていました。
画像

自分はその総てを未プレイですが、

主に酔っ払いを指すこの言葉をタイトルに
掲げたのは非常に印象的です。



画像

      「セクロス」
86年ファミコン・・・。


本作を知らない人がこのタイトルを聞くと
あらぬ誤解を招きそうですが、内容は
至極マトモなアクションゲームです。

・・・なんか骨の恐竜がいますが、
マトモなゲームなんです!!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人的な記憶で印象に残るタイトルは概ね
こんなものですが、最近ネットを見てると
昔のPCでは私の想像を遥かに超えた
超絶なタイトルが目白押しだったようです。


ここからはそれらのホンノ一例を
紹介してみたく思います。



画像

     「ロリータ2」
1983年作品。

スタンリーキューブリックの同名映画を
ゲーム化!!




・・・・という訳ではなさそうですね・・・。

ネット情報によると・・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


内容は少女を追い詰めてレ○プするという
今では考えられない内容、
敵が警察というのもスゴイ作品でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とのことです。


画像

他にも炉利モノ恐ろしいので伏字に)は
多数存在していたようです。

80年代はアニメやエロ漫画でも炉利系
最盛期だったので、当然と言えば当然ですが・・。

今の御時世ではこんな代物、麻薬並みに単純所持でも
ブタ箱行きの呪いのアイテム
・・・・・・と化しているのでしょうか?



画像

「団地妻の誘惑」とか、昔の
ピンク映画みたいなタイトルは時代を
感じますね。




画像

    「おーい!かぐや姫」
おーいお茶でも竜馬でもなく
かぐや姫なんですね・・・。

 

画像

    「アダルトルーレット」
・・・なんか、非常に濃いですね・・。





画像

    「温泉みみず芸者」

どんな芸者やねん・・・・・・・。




画像

強烈過ぎるタイトル。

「美少女ひっぱがしゲーム」


どんなんや・・・。














       こんなんや!!
画像

     
     どうやら野球拳ゲームらしいです・・・・。



画像

こちらでは“ひっぱがし”が漢字に
なっていますが、別のゲームなのだろうか・・・謎。

女の子が「うる☆やつら」のしのぶに似てるのも
時代を感じます。


画像

   「マリちゃん危機一髪」

まったく、こんな怪しからん
ゲーム造るのはドコの3流メーカーだよ・・・・


えっ・・!?エ☆ックス??

コレが所謂黒歴史と言う物なのか・・・。

今でこそ有名なメーカーも当時は結構アダルト系作品を
造っていたようですね。


自分的にはビジネスなのでそれも当然アリだと
思うのですが・・・。ドウなんだろう・・フアンにとっては
イヤなのかなぁ・・・?



取りあえず長くなったので
終わりまする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
個人的にすぐに思いついたのはやっぱり
バイオミラクル僕ってウパですね(^q^)
けっきょく南極といいコナミのネーミングセンスに
脱帽ですw
おのじ
2011/04/05 05:35
おのじさんこんにちは。

「バイオミラクル僕ってウパ」は印象的過ぎますよね(苦笑)

このタイトルをお店で口にするのは勇気が要るので、印象に残るけど売り上げに貢献したかは不明ですね(苦笑)

仰る通りコナミはイーアルカンフーとか、ネーミングセンスが良かったですね。良く考えるとプーヤンもオリジナルはコナミでした!!
ピコピコ団
2011/04/05 12:45
キョーレツだったタイトル レトロゲームでピッコピコ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる