ガルとハイドライド。

画像

先週ファミコン初のRPGについて
調べている時に無性にプレイしたくなった
この2作・・・。


今回10数年ぶりに遊んでみました。






先週調べている時にネットで、「頭脳戦艦ガル」の
音楽をすぎやまこういちが、酷評していたので
実際どんなカンジなのか改めて聴いてみたくなった
というのも今回プレイした理由の一つ。


その酷評の1部抜粋↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ドラゴンクエストのすぎやまこういちが、
「このゲームの音楽は ない方がよい」とわざわざ名指しで
批判したことも知られている。またみうらじゅんとの
対談の際では、双方が同じゲームをクソゲーとして
提示したほど。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画像

10数年ぶりに聴いたガルの曲は「無い方がよい」と
いうほどでもなく、自分としては
「無いよりはマシ」という印象でした・・・。


確かに、か細く単調な曲ではあるものの、
85年当時のファミコンソフトは本作に
限らず殆どがこういった感じだったので
名指し批判されるほど酷いモノとは思わなかったです。



85年当時の平均的なレベルではあります。



最も、コナミやナムコなどの他社と比べて
ファミコン初期から完成度が高かったゲームは
別格ですが・・・・。




画像

シューティングゲームとしての出来も
まあ、当時の水準並みで、敵の動き等
特に酷いとは思えないのですが、
やはりパーツを100個集めるというのは
相当ムリがあると思いますね。

因みに今回のプレイでは11個集めるのが
精一杯でした・・・。




そして「ハイドライド・スペシャル」
画像

こちらは理屈抜きで面白かったです。

イベントも何もなく、ただひたすら
敵を倒して経験値稼ぐだけなのに
そのシンプルさが妙に面白い。


この日は、ウィスプの迷宮で
ソードを取ったところで中断しました。





画像

17年間愛用しているメモ帳に
パスワードを記して終了。

17年間も使っているのにまだ
半分以上もページが残っているのは
バックアップやメモリーカード時代ゆえ
でしょうね・・・。





画像

ついでにこの前購入した
「ミラクルロピット」と「スーパーマン」も
プレイしてみました。


遊んでみた感想は・・・
買うんじゃなかった。

それだけです・・・・。



終わり。