フェイブルⅢをピッコピコ♪

画像

犬とワタシのRPG、
「フェイブルⅢ」

(2010年マイクロソフト)




画像

今回は今(頃)プレイしている
XBOX360用ソフト、
フェイブルⅢのレビューというか
プレイ感想です。




基本的には2008年に発売された
前作のシステムを踏襲した
アクションRPGです。


ストーリーだけ追って行くと
アッサリクリア出来る点も前作と同じ。



画像

前作はポーズメニューから
クエストの確認や装備の変更等を
行っていましたが今回はそれらが
”聖なる間”という部屋(執事付き)
纏められています。 





画像

ポーズボタンで瞬時に移動できる
この部屋でクエスト確認や
エリアジャンプなどを行います。




画像

武器や魔法、衣装の変更など総て
この部屋で賄えるのが便利です。


髪型やメイクも1度手に入れたモノは
ここで自由に付け替えられる。

髪型は装備扱いなので
外してスキンヘッドに
する事も可能・・。



画像

魔法は
前作では戦闘中に数種類の
中から任意で選べましたが
今回は1つの魔法しか
装備出来ないです・・。

総て前作からの流用で、(というか
一部減った)新規のモノは
ありませんが2つを組み
合わせる事が出来るようになりました。
(条件アリ)




画像

剣や魔法、射撃のレベルアップは
”聖なる間”から来れる”統治の道”と
呼ばれる場所で行います。


クエストこなしたり敵を
倒す事で得られる”ギルドの紋章”
(早い話が経験値的なモノ)を
消費する事でレベルアップの
宝箱を開く事が出来る。


職人としてのレベルも
ここで上げる事になります。
(仕事で得られる報酬額が上がる)


前作では初めから行えた盗む行為
(ドラクエのタンスごそごそ的なアレ・・)
ここで“泥棒の知識”を入手する事で
出来るようになります。





画像

前作でのガーゴイル像壊しは
そのまんまノーム人形壊しとして
引き継がれていました。


各エリアに隠れてるヤツを
耳と目で探して破壊して行くという
ゼルダの伝説 時のオカリナに於ける
黄金のクモ的なアレ。



あとはまあ、デーモンの扉も
前作のまま引き継がれてますね・・。





画像

新しい土地に行くと
犬が隠れた宝箱などを
見つけて引っ切り無しに
ワンワン吠える点も前作
同様・・・。

隠れた宝箱などは
自分で探したいので
ブッチャケありがた迷惑・・。


犬はそんな仕事しなくても
ただ一緒に居てくれる
だけでイイんだよ・・






画像

街の人との交流も相変わらずの
バカさ加減・・。

これだけ金を掛けた
バカゲーはシェンムーの
再来かと思ったホドの逸材です。





画像

行動次第で主人公の容姿が
変わって行くのも前作同様。

剣主体で戦うとゴツくなりそう
なので、銃ばかり使っていると
背丈がヤタラ伸びてしまいました・・。





画像

家を買って貸し出せば
働かなくてもお金が貯まる
点も前作同様。

購入した家は自分で住む事も
出来るので、鍛冶屋のオヤジを
連れ込んでベッドインを試みてみた・・。



真っ暗な画面の中、
「ウフフ」とかイチャつく
声がするだけで全然
エッチさは無いのですが・・・。




画像

バウワーストーン市場へ
やって来た。

確か今回は前作の50年後だか
100年後のお話なので、
街は前作の面影を残しつつも
それなりに発展していて面白いです。



画像

XBOX360なので
グラフィック・・・というか、
映像がタダ事じゃないほど
綺麗です。

冷却ファンの音も
只事ではないですし
本体触った時の熱さも
只事ではありません。


凄いぞXBOX360!






※ここからはネタバレ・・・
と言っても3年前のゲームなので
大丈夫だと思いますが、万が一
これからプレイしようと思われている
方がいれば、この先は読まない方が
宜しいかと思います・・・。













画像

前作の主人公はホームレスでしたが
今回は王族で圧制を強いる兄貴から
王権を奪うストーリー。

叛乱を起こして見事
女王陛下となりました。



ここからは前政権を引き継いで
圧制を強いるか民衆に慕われる
良き指導者になるかの選択の
連続となります。


更に来るべき大災害から
民衆の命を救う為
莫大なお金が必要になる・・
みたいな展開になって
その額たるや圧制を
強いなければ到底
捻出出来ないほど。



ここから大災害までの
残り日数、予想死傷者数、
現在の国の財政などが
表示され始めるのですが、
大災害まで充分な日数が
あったので、とりあえず
良き君主を目指しつつ
金を貯める方法を
模索していると、あと200日
以上からナカナカ減らなかった
日数が突然100日を切り、
ソコから一気にあと1日という
具合で、カウントダウンが
大雑把過ぎて
初回プレイで
段取りよく事を進めるのは
不可能だと感じましたね・・・・。





んで、エンディング。


画像

長~いスタッフロールの後
表示されたのがこのメッセージ。


”多くの人々が命を落とし”や
栄光なき勝利”の言葉が
バッドエンディング振りを
覗わせてくれます・・w。






画像

メッセージの後もゲームは続く。

バウワーストーン市場へ
やって来て愕然・・・。

あれだけ賑わっていた街が
兵士数人が居るだけで
閑散としている・・・。

生き残りの大半が
兵士という点が
妙にリアルで
不気味です・・。





画像

しかも所々に民間人の
死体が・・・・。

これをみた時、自分は
昔アニメージュで
連載されてた洞沢○美子氏の
「D」のトラウマが蘇りましたね・・。

閑散とした街に
死体が点々と・・・(汗)

映画でもこういうのが
ありましたよね・・・・
タイトル忘れましたが・・・(汗)





画像

終盤、急なカウントダウンに
焦って中途半端に圧制を
強いた為、生き残った
民衆からも恐怖や嫌悪感を
抱かれていたりと散々です・・。



画像

市民との交流時の
アクションに新たに
”善人アピール”というのが
加わっていた・・・・。



画像

お金を捻出する為に
美しい湖を壊して採掘場に
変えた現場を訪ねて見る。

選択1つで地形が変わるとは
凄いゲームですね・・・。


画像

クリア直後のステータスは
こんな感じ。
あれだけ民衆から嫌われていても
好感度が中間位とわ一体・・・??

最低まで下がるとドンナ仕打ちを受けるの
だろうか・・・(汗)





画像

(・・数日経っても一向に
回収されずに残っている
遺体が まるで私の失策を
責めているようダワ・・・・。)

など思いつつも、パジャマ姿で
街を徘徊してる女王陛下に
反省の色はミジンも
無かった・・・。




因みにこの後突然
街は元の活気を取り戻し
ました・・・。

本当に或る日突然・・。
それまで全く居なかった
子供とかが急に
沸いて出た辺りは
いかにもゲームですね・・・。





画像

ある程度平穏な日々が
戻ったので家を買い換えて
引っ越した。

町外れの良いトコですヨ。

(帰宅時たまにカラスに襲われ
ますが・・・。)




画像

という訳でクリア後も
まだまだ女王の冒険は
続いております。

ゴシック風メイクと
ショートカットにしたら
KOFのバイスみたいに
なった・・・・(汗)

信じられるかい?
この悪女ヅラでも
モラルと好感度は
MAX
なんだぜ?



おしまい。