【緊急!】1-2-Switchがヤバいらしい

画像

いよいよ発売が一週間後に
迫ったニンテンドースイッチですが、
ロンチタイトルの一つである
「1-2-Switch」に関して
私の知り合いである
山山田太太郎氏から以下のような
ご意見を頂きましたのでご報告
させて頂きます。

因みに私と山山田太太郎氏は
共に30年来の値崩れワゴン
ウオッチャーであり、それが縁で
知り合った所謂“ワゴ友”なのです。

それでは早速氏の意見を
聞いてみましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1-2-Switchについて思う事。 

      山山田太太郎。




先月のニンテンドースイッチ詳細発表会で
「1-2-Switch」を初めて見た際、
私はこれを3DSの
「顔シューティング」のような
本体にあらかじめ搭載されている
アプリの一つだと思っていました。

しかし、同発表会で本作が
パッケージ販売される
ソフトウェアだと伝えられた際、
私には値崩れワゴン堕ちする
未来が鮮やかに見えたのです。



ニンテンドウ的には本作を
wiiに於ける「Wii Sports」
的な位置付けで売ろうと
考えているのでしょうが、
ハッキリ言ってあの頃とは
時代が違います。


無料で遊べるスマホゲームが
蔓延している現在、誰もこのような
シンプルなゲームにお金を払おうとは
思わない訳です。

特に本作のメインターゲット層である
ライトユーザーは無料で遊べるスマート
フォン向けゲームに慣れ切っている為、
“ゲームはタダで遊べて当たり前”との
考えが根強い。極めて根強い。

「マリオRUN」が有料アプリと
判明した際に起きた激しい
バッシングがそれを如実に
表していると思います。


「マリオRUN」の1200円で
大騒ぎしていた人達が果たして
本体込みで3万5千円以上にもなる
「1-2-Switch」を購入するでしょうか?


結果は火を見るよりも明らかだと
私は思います。


ニンテンドウはwiiUやマリオRUNで
スマホゲーに慣れ切ったライトユーザーの
乞食根性を目の当たりにしている筈なのに
そこから何も学ばなかったのでしょうか?


今この時期に「1-2-Switch」のような
お粗末なミニゲームの詰め合わせを
パッケージ販売する行為・・・私は
非常に無謀だと感じます。

“爆死”とかいう汚らわしいゲハ用語は
使いたくないので私自身の言葉を
用いるならば・・・・・

画像

「1-2-Switch」はコケます。

それも顔面から逝くタイプの
非常に傷の深いものになるでしょう。
(※画像はイメージです)


しかしニンテンドウ的には本作を
wiiに於ける「Wii Sports」的な
セールスを記録すると勘違い
している事は大々的なCMから
窺い知れます。


売れる事を見越しているメーカーと
買う気が全くないユーザー。

この温度差は値崩れワゴン堕ちソフトを
生む最もスタンダードなパターンです。



値崩れワゴンを見守って来た
30年間、このパターンで
ワゴン堕ちしたソフトを私は
何度も見て来ました。


そして今、また新たな悲劇が
起ころうとしています。


ゲーム好きとして、それは
大変嘆かわしい事です。


しかし、一介のユーザーたる
自分にその悲劇を喰い止める
術はないのです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

如何だったでしょうか?
30年来の値崩れワゴン
ウオッチャーである山山田
太太郎氏の言葉は説得力が
ありますねw


「1-2-Switch」、果たして彼の
予感通りコケてしまうのか、
それとも・・・・??

一週間後に発売の迫った
ニンテンドースイッチ。
とりあえず事態の推移を
見守りましょう。



終わる。