ゼルダの伝説BOTWプレイ感想

画像

プレイ止めてからモウだいぶ
経ちましたが本作をプレイして
感じた事を覚えてる内に
書き留めておきます。

因みに私がプレイしたのはWiiU版。


●本作の不満点●

【武器が壊れる】

こんなプレイヤーにとって煩わしさしか
無さそうな要素
を敢えて入れて来るからには
何かしら面白く感じる工夫がなされてるん
だろうと思いプレイしてみたのですが、
単に煩わしさしか無かった・・(汗)

それなりに武器の耐久力があれば
まだマシなのですが敵3、4体
倒すと壊れる程度なので戦闘中に
頻繁に装備の変更をさせられるのが
非常に煩わしい。

すぐに壊れるので常に
所持数満タンまで武器を
携行する必要があるのですが、
宝箱や敵から新たな武器を
入手する度に手持ちの中から
攻撃力の低い物を選別して
捨てるのですが、その作業が
また煩わしい。

1日のプレイ中に何度もこの
武器の取捨選択をしなきゃ
ならない訳です。

戦闘と探索に専念したいのに
このムダで煩わしい作業で台無し。


あと、弓にまで耐久性を持たせる
必要があるのか疑問ですね。

壊れるのはスカウォの時みたいに
盾だけで良いと思います。


スカウォでの盾が壊れる要素は
単に煩わしいだけじゃなく
上手い具合に緊張感というか
ゲームの面白さに組み込まれて
いたと思うんですよ。

特に苦労して強化した盾が
壊れそうになると戦いながら
修復する緊張感があったのですが
今回のBOTWにはそんなモノ
無いです。・・・ていうか、
戦闘中にシームレスで
回復アイテムを使う事すら
出来ません。


【スタミナ性】

崖を登るだけならまだしも
走るだけでスタミナ消費
するのが煩わしい。

ムダに広いフィールドを
移動するのにスタミナを
気にしなければならない
煩わしさ。

崖を登ってる時に
あと少しで頂上という
トコロでスタミナが
切れて下までズサーッ!

もう一度登り直し。
これが何度もあって
煩わしかったですね。



【雑なボタン配置】

走る時と泳いでる時で
ダッシュボタンを替える
意味が解らない。

あと十字キーでのショートカットの
割り当ても不満でした。

そう頻繁に替えないであろう盾を
ショートカットにして遥かに使用頻度の
高い回復アイテムをわざわざ画面を
切り替えて使わせる意味が解らない。

あと自分の場合は口笛も不要。

この辺はプレイヤーがそれぞれ
やり易いようにコンフィング
させてくれればいいのに
ジャンプボタンの変更とか
ドウでもイイ部分の変更しか
行えない謎仕様ときたもんだ。


【雑過ぎるアイテム画面】
画像

回復アイテムが1つのアイコン上に
X4みたいに個数を表示してる
ものと1個ずつアイコン使ってる
物とが混在してて統一されてない。

この点でプレイ時に感じた
煩わしさを具体的に挙げると、
ゴロンシティを探してる時に
熱ダメージ防ぐ薬の所持数を
確認しようとしたらその薬の
アイコンがページをまたいで
バラバラに表示されてるんですよ。

所持数の確認なんてパッと見て
解るようにしてくれよと。

こんなのが国内外でゲーム賞
総なめとかアホかと。


先述したボタン配置の件といい、
ゲームの基本的な部分が
グダグダ
じゃん。

青沼氏が対談でスタッフ全員で
テストプレイしたみたいな事
言ってましたが全く効果
無いですよね?

スタッフの中には当然これらの
不満点に気付いてた人も
居ると思うんですよ。
でも作り直しには手間が掛かるので
現場の空気的にそんな事言えなかったの
かも知れませんね・・。

でもそれだと何の為の
テストプレイだってなりますね。

それともスタッフ全員これらの
不満要素を何とも思わなかったん
でしょうかね?それはそれで
大変問題があると思いますが・・。



【天候による制限】

雨が降ると崖登りが出来ず
止むまで待たされる・・。

雷が鳴ると金属製の
装備を外さなければ
ならない・・・。

作ってる人はこれが
面白いと思ってるん
でしょうかね?


【広さを感じない世界】

野を越え山越えかなり
遠くまで来たな~・・・と
思って辺りを見回すと
常にデスマウンテンと
ハイラル城が見えるので
旅してる感が薄い。

方角が解り易いように
目印的な意味合いで
配置してるんでしょうケド
ドコに行ってもデスマウンテンと
ハイラル城が見えたら狭い地元を
ウロウロしてる感じがして白けます。


スタッフの人がフィールドの広さは
京都を参考にしたみたいな事
言ってましたが京都で喩えるなら
府内のどこからでも伏見城と
大文字焼きの山が見えるような
モン
ですよ。
実際の京都、そんなに狭くないです。
あんまり京都を舐めないで頂きたい。


そもそもゼルダBOTWは行動に
制限があってチマチマした
探索しか出来ない割りに
世界が狭く感じる。

ゼノクロは移動速度が速く
ロボで空まで飛べたのに
ゼルダよりも世界が広く
感じました。

フィールド面積どちらが上か
知りませんが体感的には
ゼノクロの方が広かったように
思います。

マップデザインもゼノクロの
方が遥かに上でしたね。

各大陸にそれぞれ個性がありましたし
冒険してる感が凄かったです。
それに対してゼルダは草原と森と
崖ばかりでフィールドの個性が
乏しい。

行けども行けども似たような
ロケーションばかり。

モノリスのスタッフが参加してる
らしいのですが、ゼノクロで
良かった点が全く感じられません
でした。
おそらく買い出しとかの雑用しか
やらされなかったんでしょうねw


【音楽が空気】

今回のゼルダBOTW、
2ヵ月近くプレイしましたが
印象に残ってる曲が1曲も
無いです。そもそも音楽
鳴ってたか?と思える位
存在感が無かった。

それに比べてゼノクロの曲は
どれもこれも素晴らしかった。

ロボで飛んでる時の歌も
良かったし白樹の曲とか
雰囲気とマッチして非常に
心に残りますね。
黒鋼の曲も何かクライマックス感が
あって良かったですし忘却の
力強い曲もあのエリアの特徴を
顕してるようで最高でした。

ああ、ゼノクロは良かったなぁ・・。
ゼノクロは。



【キャラがブサイク】

まあこの辺は特にドウでもイイ
些末な事ですが一応・・。

サイハテ村の防具屋に居た
隅っこに立つのが好きな女の子。

顔をアップで見ると釣り目で
口紅が濃くて非常にケバイ感じで
気が強そうな印象。

隅っこが好きという気が弱そうで
暗そうなキャラと見た目が
噛み合っておらず
解ってないなぁと。


あと球体をなでなでしてる
女の子も顔をアップで見ると
妖怪みたいでもう・・。
ブスザワだなあ・・・と。

ゼノブレイド2みたいな
深夜アニメみたいな萌え豚に
媚びたキャラも嫌ですが
もうちょっとこう・・
中間みたいなのがあるだろうと。


【1度だけフリーズした】

ゲルドの族長と最初に話をした直後に
フリーズした事も申し添えておきます。





●本作の良かった点●



特にないです。