任天堂の“がめつさ”について。

●ファミコン界最大の謎●

ファミコン界最大の謎・・といっても
正規タイトルの総数問題とかじゃありません。
ファミコンソフトが何本出てるかなんて
ドウでもいい。
そんなモン気にしてるのはゲームを収集対象と
しか見てないアホなコレクター連中だけです。

私にとってのファミコン界最大の謎は
消費者にとって最も重要な問題である
価格についてです。

1396282Y2489.jpg
当初3800円で販売されてた
マリオブラザーズ等の初期ソフトが
突然4500円に値上げされた理由、
これの真相が知りたいのです。


子供の頃からズット疑問だったのですが、
この値上げに関する明確な理由が
未だに解らない・・・。

ネットで情報収集できる今なら
何か納得のいく答えが見つかるんじゃ
ないかと思って調べてみたのですが
何も解らず・・
http://ocn1.net/oira_game/Kana/a/excit_bike.htm
↑コチラのサイトで僅かに言及されて
いますが、私と同じように憶測程度。

値上げする旨を伝えた当時のチラシか
雑誌の画像の一つでも出て来るかと
期待してたのですが、そんなものは
一切ありませんでした。



●半導体高騰による
値上げ説の矛盾●

昔からよく言われてるのが
半導体の高騰に伴っての値上げ説。

ファミコン前期のあの頃、もし本当に
半導体が高騰してたとしたら
ナゼ当初4500円で参入した
ナムコットはスーパーチャイニーズ
(1986年6月20日発売)以降3900円に
値下げする事が出来たのでしょう?

任天堂がチョット箱(とカセットのラベル)を
変えただけで値上げしたのに対して
ナムコットのマッピーランドやファミスタは
豪華なハードケースなのに初期タイトルの
ギャラクシアン等より低価格でしたからね。

半導体が高騰してたとしたら
なぜナムコットはあんな事が
出来たのだろう・・?

ここに大きな矛盾を
感じる訳ですな。


●子供心に芽生えた
任天堂への不信感●

139628A300_.jpg
マリオブラザーズ等の初期ソフトが
4500円に値上げされた当時、
友人たちとこんな会話をした
記憶があります。

「箱とカセットのシールが変わっただけで
なんで700円も値上げすんねん!」

「任天堂ってがめつい会社やなーっ!」

「700円位上げても客、買いよんで!
とか言ってるんやろーなー」

・・・みたいな。


故人なので名指しは控えますが、
当時の任天堂の社長には
「700円位上げても客、買いよんで!」
とか言いそうなイメージが私の中には
ありました。

あくまで私の個人的な印象なんですが、
当時の任天堂の社長はなんか
横山やすしとキャラが被ってたんですよね(汗)


●結局値上げの理由って何なの?●

これだけネットで調べても
明確な値上げの理由が
出て来ないところを見ると意外と
「700円位上げても客、買いよんで!」
が正解なのかも知れませんね。

何の先入観も固定観念もない
子供の直感は意外と物事の
本質を突いてたりしますからね・・。

やはり勢い任せの・・
客からぼったくりたいだけの
値上げだったのかな、と。


企業は利益を追求する集団です。
売れてる商品を値上げする事には
何の問題もありません。

けど、子供心に何とも言えない
不条理な、納得のいかない、
任天堂に対する嫌悪感が
芽生えたのは事実です。


●ぼったくられていたと
確信した瞬間●

139628Y2493.jpg
任天堂の“値上げしても客買いよんで商法”は
スーファミ時代になると更に過熱したらしく
とうとうソフト価格が1万を超えるまでに
なっていました・・・(汗)

あの頃の任天堂は本当に勢いが
ありましたからね。それこそ
「上げろ!上げろ!客アホやから
ナンボでも買いよんでwww」

みたいなノリだったんじゃない
でしょうか。
(あくまでも個人的な感想です)


・・で、プレステを買ってスーファミに
関心が無くなった95年の秋頃、
テレビで「パネルでポン」のCMを観て
愕然となりました。


ソフト価格が驚きの5800円!!

当時主流だったプレステのソフトと
同額の5800円!!!!

CDに比べてROMカセットは
コストが掛かるんじゃなかったのっ!?

スーファミ時代にも散々耳にした
半導体の高騰はっ!??????

今までもこの価格で出せてたんじゃ
ないのっ!?

我々完全にぼったくられてたのっ!?


・・・と、大いに憤慨したものです。



●庶民の味方だったセガ

93年の1月。
何かしらドッジボールの
ゲームが欲しいな~・・と
思って探してるとメガドライブで
「ドッジ弾平」なるソフトを見つけました。

価格を見ると驚きの定価3800円!!

原作のアニメとか全然観てなかったケド
この価格なら!という事で即座に購入。

でもファミコン最初期のポパイとかと
同額なので薄い内容のゲームなんだろうな~・・
と思ってプレイしてみるとトンデモなかったっ!

1万前後で売られてるスーファミソフトと
比べて全く遜色のないボリューム、否、
下手なスーファミソフトなんかより
遥かに面白い!!!
原作知らないのに面白い!!!
これで3800円!!!!

セガめっちゃ良心的やんっ!って
なりました。

その思いは今でも揺るぎません。
メガドライブミニの価格なんか
良心の塊ですからね!!

いつだってセガは庶民の味方やっ!!


●風化させてはいけない問題●

と言う訳でズット疑問だった
ファミコンソフトの値上げ理由は
未だに解らないままです・・。

ネットで調べても「ファミコン初期
タイトルの銀箱は希少!!」とか
「ピンボールの銀箱を見つけたので
保護しました♪」みたいなコレクター
連中のアホみたいな購入報告ばかり。

値上げに関してマトモに言及されてる
サイトは本当に少数で、このまま
風化させてはイケナイと思い
今回記事にした次第であります。



●余談●

以前ブログでNintendo公式チャンネルの
WiiUバーチャルコンソール版
「ストリートファイターZERO2」の
プレイ映像でスーファミ版最大の欠点
である試合開始時のロード時間が
存在しないような悪質な編集が
なされている事を書いたのですが・・
(↓コチラ)
「任天堂の詐欺まがいのPVについて。」
https://37432029.at.webry.info/201809/article_2.html

あの後、WiiUバーチャルコンソール版
ファミコンウォーズに思考時間を
短縮する機能があると知ったので、
もしかするとZERO2にもロード時間を
オフにする機能とかがあるんじゃないかと。

もしそうだったとしたらブログで
詐欺まがいのPVとか書いた事を
お詫びしないといけないな・・と
思って実際に購入して確認して
みたんですよ。
SA2570.JPG
SAN72.JPG
で、電子説明書やオプション項目を
隅々まで確認したのですが
ロード時間をオフにする機能なんか
ありませんでした。



なのでこのPVは完全に消費者を
欺く為に悪意を持って改ざんされた
詐欺PVである事が証明されました。


ブログの記事タイは
「任天堂の詐欺まがいのPVについて。」
ではなく
「任天堂の詐欺PVについて。」に
訂正させて頂きます。


最近任天堂が新作メトロイドの発売を
延期させる旨を発表したところ、
「誠実な企業だ!」みたいな
絶賛の声がネットやら各界で
起こったそうですが、こんな
詐欺PV作る企業のドコ押しゃ
“誠実”なんて言葉が出て来るんだよと。

任天堂に誠実さやクリーンな
イメージを持ってるのは
WiiやDS辺りからゲームを
始めた若年層かライトユーザーですよ。

ファミコンやスーファミ時代を
知ってる自分からすると任天堂
なんか、がめつい、太々しい、
独善的、偏屈、排他的、守銭奴、
ムダにプライドだけは高い、
等々・・のイメージしか
ないですね、ええ。


終わる・・・。







この記事へのコメント

2019年08月11日 10:52
当時の任天堂の社長はスーパーファミコン開発時に「現在のファミコンとスーパーファミコンを無償で交換しよう」と発案して全国の玩具関係者を大慌てさせたお人なのでピコさんの意見は脚下
半導体と言っても用途によって石の値段も違うんですよ、昔はロジック回路を一番石の安いNANDだけで書く訓練とかしてたんですよ、ただし体積が大きくなるので実用的ではありませんでしたが
ばく
2019年08月12日 04:26
任天堂の初心会は評判悪かったですからね。
その反動で多くのメーカーがプレステやサターンに移行して、
64、GCは低迷。岩田さんのwiiで復活したって感じですかね。

その時代はあまりにもスーファミが強くてソフト高かったので、
メガドライブ、PCエンジンのソフト中心にやってましたわ。
ピコピコ団
2019年08月14日 09:38
ふさんコメントありがとう御座います。

ファミコンとスーパーファミコンを無償で交換しようとしてた件を聞いて少し偏見が和らぎました。そういう良い一面に全く目を向けてなかった事を反省します。あと、半導体についてもお詳しくてトテモ参考になりました。さてはあなた、只者じゃないですね。

ピコピコ団
2019年08月14日 09:59
ばくさんコメントありがとう御座います。

確かに昔の任天堂はサードから評判悪かったみたいですね。
ナムコと揉めたらしい話も聞きましたしハドソンが寝返ってPCエンジンを開発したとか・・。あと93年に読んだ「セガに怯える任天堂」と言う本でメガドライブに参入したメーカーに対しての露骨な冷遇振りとかが書かれていましたし、とにかくあまりいい印象が無かったです(汗)岩田社長に変わってから若干好印象になった感がありますが、wiiuが不振の14年辺りからなりふり構わない儲け主義に走った気がします。

あと、スーファミ時代は本当にソフトが高かったですね(汗)
私も本体買ったモノのソフトが高過ぎたのでスグに売り払って
PCエンジンとメガドライブばかりやってました・・。
ストⅡが出てから我慢できずにバイトして買い直しましたが(苦笑)
もののふ
2019年08月18日 22:45
任天堂、某ソーシャルゲームにも「その技術はウチが導入しようとしてた技術!パクりだ!」とかファビョって訴訟起こして退けられてましたね。
新しいハード出しても、マリオしか作れないメーカーなんぞ、正直オワコンだと思ってます。
ピコピコ団
2019年08月19日 05:32
もののふさんコメントありがとう御座います。

某ソーシャルゲームの件はホント、見苦しかったですよねw
マリオしか作れないメーカーというご意見も激しく同意です。連発し過ぎてウンザリ感がありますね。
新ハードを出しても主力タイトルがファミコン時代から続くIPの続編ばっかで全く新鮮味も無く、完全に思考停止してるなあと感じます。
いつまでファミコン時代の栄光にしがみつくんだよと。
ぱに~に
2019年08月20日 23:00
とはいっても、他に本体を持ってないから買っちゃうんですよねぇ
独占企業の強みですね
ピコピコ団
2019年08月21日 08:17
ぱに~にさんコメントありがとう御座います。

スーパーマリオ辺りまではPCに移植とかしてたみたいですが、キホン任天堂の看板タイトルが遊べるのは任天堂ハードだけ、みたいなケチ臭いスタイルを未だに続けてますね。
それに比べてセガはファンタジーゾーンやアフターバーナーなど自社のゲームを惜しみなく他機種に移植させていたので、器の大きさが覗えます。
どんぱんぱん
2019年09月03日 17:00
任天堂の当時の社長って、自社が持ってるシアトルの球団のある日本人選手とは、自社株を譲渡するなどのズブズブの関係で、そのせいでその選手の発言権は監督以上のものになるというパワーバランスの崩壊を招き、我が物顔で自分の個人記録しか考えない自己中プレイを繰り返したその選手の行動にたまりかねて、他の選手たちからリンチ計画を立てられた…というのは野球ファンの間では有名な話

あと、NHKスペシャルの「新・電子立国」というのもご覧になると面白いですよ。
くだんの社長の変節漢っぷりのまぁスゴいことw
ピコピコ団
2019年09月04日 08:25
どんぱんぱんさんコメントありがとう御座います。

メジャーリーグはおろか日本の野球にも疎い私はシアトル球団の件は全く知らなかったのでとても参考になったと同時に「そんな事もしてたのか」と驚きました。
ゲーム業界に留まらず色々なトコロに爪痕を残してたんですね(汗)この件は面白そうなので今度ジックリ調べてみたいと思います。あと、「新・電子立国」は何年か前にユーチューブで観た気がしますが内容を全然覚えてないので、ご指摘されてる“社長の変節漢っぷり”に注目してもう一度見直したいと思います。色々と情報を下さりありがとう御座いました。