【読切り漫画】大容量!2M父さん

b13c6edb-s.jpg
と言う訳で今回は大容量です。

「がんばれ!ゴエモン」を独自の
解釈でコミカライズしてみました。

ゴエモン漫画の第一人者である
故 帯ひろ志先生に追いつけ
追い越せの気持ちで描きましたので
御覧下さい・・・。



「大容量!!2メガ父さん」
白紙01.jpg



白紙02.jpg



白紙03.jpg



白紙04.jpg



白紙05.jpg



白紙06.jpg



白紙07.jpg



白紙08.jpg



白紙09.jpg



白紙10.jpg




174000370.jpg
・・・・と言う訳で嘗て家庭用
ゲーム機市場で確かにあった
「容量アピール」を漫画に
してみたのですが、いかが
だったでしょう・・(汗)

91Yenk.jpg
ファミコンで最初にパッケージに
容量を記載したのは「ボンバーマン」
だったと思いますが、セガの
SG-1000系では初期の頃から
記載されてたんですよね。

ホビーパソコンのSC-3000と
同じユーザー層なのでセガ系は
ファミっ子より容量の事を意識してる
マニアックな子が多かったんだ・・
・・と、思います。


174001663m.jpg
私の場合、パッケージでの
大容量アピールで最も印象的
だったのが今回のネタ元になった
「がんばれ!ゴエモン」です。

その後発売された「火の鳥」が
1メガにパワーダウンしてるのに
堂々とアピッてた
のも逆に
印象的でしたが・・(汗)


SANY2552.jpg
ファミマガに連載されてた
「スーパーマリオ3」の
制作報告的な漫画。
2メガから3メガに変更された
旨が伝えられています。

当時のユーザーはそれだけ容量に対する
関心が高かったという事でしょうか。

14022m.jpg
漫画では4メガの象徴として
「ドラクエⅣ」を選びましたが、
マークⅢの「アフターバーナー」や
「ファンタシースター」の方が
数年早く4メガを採用してましたね。

・・ですが、この手の漫画では
ファミコン以外のゲームは出しにくい
雰囲気
というか、暗黙の了解
みたいなのがありそうなので
無難にドラクエⅣにしておきました(汗)

あと余談ですが、ドラクエⅢとⅣは
当時雑誌広告で
「今作はこれまで発売された
エニックスのゲームを全て
入れてもまだ余る容量なのじゃ」

・・みたいに謎の老人口調で
大容量アピールしてた記憶があります。


○容量関係での
個人的な思ひ出○


8メガのゲームで個人的に
衝撃だったのはメガドライブの
「ストライダー飛竜」でした。
AC版未プレイだったので
比較する事なく純粋に
「スゲーっ!」ってなりましたね。

でも、要所要所で画面が
止まるんですよね・・
(汗)
その後PCエンジン版の
「パロディウスだ!」も8メガで
同じように要所要所で画面が
止まったので、当時は自分の中で
「8メガは画面が止まるもの」
・・みたいな認識がありました・・(汗)


その後16メガやら32メガやら
ドンドン大容量のゲームが出て
来ましたが、プレステ、サターンの
時代になると容量の事は雑誌とかでも
全然話題にならなくなった気がします。

まあ、ゲームの面白さは
容量の多さに比例しないという事は
ファミコン時代から皆気付いて
ましたからね・・。
「ドラクエⅢ」と同じ容量の
「未来神話ジャーヴァス」が
良い例なんじゃないかと・・。

ーーーーーーーーーー
458gjj.jpg
画像の左下に注目。
4580015695454_1.jpg
PS4で発売されたサムスピの
新作は当時の容量に換算すると
2万メガとの事・・(汗)

当時のファミコンやネオジオで
使われてた容量の単位が
ビットだかバイトだか・・、
まあそういう色々ヤヤコシイ
あれやこれやがあるそうですが、
技術的な事に疎い自分には
何が何やらです。

その辺りの事は皆さんの方が
お詳しいんじゃないかな。


・・・終わる・・。



コチラのサイトで容量について
色々書かれてて面白いです。
ーーーーーーーーー
https://middle-edge.jp/articles/3vJzG
【ファミコンゲームのデータ容量】
往年のファミコン名作ゲームは
どのくらいのデータ容量だったのかを
調べてみる。

ーーーーーーーーーー

技術的な事を知らなくても
F1レースやイー・アル・カンフーが
24KB、オバケのQ太郎が40KB、
アトランチスの謎は48KBかぁ・・と、
眺めてるだけで楽しめます。

ドラゴンボールやキン肉マンで
数値化された各キャラの戦闘力を
見てるような感じでしょうか。






この記事へのコメント

ぱに~に
2020年01月12日 00:18
同じくゴエモンは凄く印象に残ってます。
容量とか気にしたのはあれが最初かな
個人的にはミネルバトンサーガも2Mを売りにしてて、さらにバッテリーバックアップで箱が異様にでかかったので印象深いものがありますなぁ
あとはやっぱり100Mショックでしょ(笑)
結構早々に容量でかいから面白いわけではないとわかっちゃって、容量自慢のゲームはむしろ危険といった印象がありますねぇ
ピコピコ団
2020年01月13日 09:14
ぱに~にさんコメントありがとう御座います。

私も容量を意識するようになったのはゴエモンが最初ですね。箱に書かれた2Mの意味は解らないものの(未だによく解ってませんが)とにかく凄いゲームなんだな、と言う事は伝わって来ました(苦笑)

ただゲーム内容が3D迷路とかボリューム満点なのにパスワードとかセーブ機能が無かったので、正直大容量に対する第一印象はイマイチでしたね・・(汗)

あと、ミネルバトンサーガとかあの頃のタイトーのゲームは箱がプラケースで豪華な感じでしたね。・・でも私が当時買ったのはジャーヴァスの方でしたが・・orz

そして容量関係の話では矢張り100Mショックは外せませんよね。ネオジオは容量、カセット、価格、総てがデカかったです(苦笑)
もののふ
2020年03月20日 04:38
久々の再見
歴史は回ると言いますが、今はスマホで一月に使える「容量」に皆、目の色を変えてますね
CMとか見てると、売り込む部分間違ってるだろとか思ってしまいます
ピコピコ団
2020年03月20日 07:07
もののふさんコメントありがとう御座います。

暫く更新を休んでましたが暖かくなって来たので
活動を再開しました(虫みたいなモンです)

私はスマホを持ってないどころか1度も使った事のない
人間なのでよく解りませんが、1月に使える容量の制限とかあると知って驚きました。あれだけ小さい端末でパソコン並みの事が出来る万能兵器と思ってたのですが、
色々制限とかあるものなんですね。